「普通にある日常のシーンや感触などを、僕の中にある思い出ボックスに取り込んでおき、必要なときに取り出すように作詞する」
伊藤薫