秋元康さんの歌詞が立て続けにネットをザワつかせているようです。
映画『ワンダーウーマン』の日本版イメージソング「女は一人じゃ眠れない」。

「女はいつだって 一人じゃ眠れない(恋が邪魔をしているよ)」という歌詞。
『ワンダーウーマン』は“史上最強の女性スーパーヒーロー”の物語で、海外ではフェミニズムのシンボルとして評価されている作品とのこと。
確かにタイトル、歌詞の内容からして、映画とミスマッチと言われるのも分かる気が。

「男らしさ」「女らしさ」を描くことは、歌詞の中で重要なこと。
そこに、男性なりの、女性なりの共感も生まれる・・・が、
あれかな。
「主語」に「男」「女」って入れるのはもしかしたら今の時代にそぐわないのかも??
「男だから」「女だから」的なことに、世間がすごく敏感になっている気がする。

少々時代をさかのぼって、久宝留理子の「男」とかはもっとはっきり言ってるしね。
ただこれは女側から男を歌っているので、
「独断と偏見ですが」感があるよね笑

「だいたい 実は男なんて 甘ったれで情けなくて だいたい いつも男なんて 自分勝手で頭にくる」って笑

女のくやしさ、いじらしさ的なものが見て取れて、とても好き。笑

ただこう言った議論が出るのは、歌が社会に影響与えてる証拠でもある。
うーん、ジェンダーの匙加減は、難しい!

情報源: 「ワンダーウーマン」に乃木坂46はミスマッチ? 「女は一人じゃ眠れない」にファン違和感 – エキサイトニュース

mayumi kon歌詞ニュース秋元康さんの歌詞が立て続けにネットをザワつかせているようです。 映画『ワンダーウーマン』の日本版イメージソング「女は一人じゃ眠れない」。 「女はいつだって 一人じゃ眠れない(恋が邪魔をしているよ)」という歌詞。 『ワンダーウーマン』は“史上最強の女性スーパーヒーロー”の物語で、海外ではフェミニズムのシンボルとして評価されている作品とのこと。 確かにタイトル、歌詞の内容からして、映画とミスマッチと言われるのも分かる気が。 「男らしさ」「女らしさ」を描くことは、歌詞の中で重要なこと。 そこに、男性なりの、女性なりの共感も生まれる・・・が、 あれかな。 「主語」に「男」「女」って入れるのはもしかしたら今の時代にそぐわないのかも?? 「男だから」「女だから」的なことに、世間がすごく敏感になっている気がする。 少々時代をさかのぼって、久宝留理子の「男」とかはもっとはっきり言ってるしね。 ただこれは女側から男を歌っているので、 「独断と偏見ですが」感があるよね笑 「だいたい 実は男なんて 甘ったれで情けなくて だいたい いつも男なんて 自分勝手で頭にくる」って笑 女のくやしさ、いじらしさ的なものが見て取れて、とても好き。笑 ただこう言った議論が出るのは、歌が社会に影響与えてる証拠でもある。 うーん、ジェンダーの匙加減は、難しい! 情報源: 「ワンダーウーマン」に乃木坂46はミスマッチ? 「女は一人じゃ眠れない」にファン違和感 - エキサイトニュース作詞家の、作詞家による、作詞家のための歌詞ポータル。