欅坂46の新曲「月曜日の朝、スカートを切られた」の歌詞に賛否両論。
「表現の自由」という意見がある一方、このような犯罪が増えることへの懸念の声も多いそう。

『月曜日の朝、スカートを切られた
通学電車の誰かにやられたんだろう
どこかの暗闇でストレス溜め込んで
憂さ晴らしか 私は悲鳴なんか上げない』

さて、歌詞にフォーカスをあてて考えてみる。

「スカートを切る、切られる」行為自体をもちろん褒めてもいなければ、助長しているとも言えない。
このような表現をするに至ったのは、ある種の「主張」のためと言えるだろう。
かつてのアイドルとは一線を画し、強い「意志」、「主張」、「社会的」な要素を含んだ表現が欅坂46の良さでもある。

が、しかし。

アイドルが歌う、というところにも懸念事項はあるだろうが、それよりもっと手前の話。

私はこの曲を最初に聞いたとき、胸が「ざわっ」とした。
その「ざわっ」って、どちらかというと悪いイメージの、「ざわっ」。
結局はそこに尽きる。

反社会的なことを歌っていても、やたらとカッコいい曲だってあるし、
逆に、まったく目立たない曲もある。
イイことを言っていても、皮肉や嫌味に聞こえたりする。
悲しいことを歌っている曲だって、暖かく響く時があるし、
辛すぎる内容の歌詞が、辛い人に寄り添って傷を癒すこともある。

要するにそういうこと。

歌詞を細かく分析することより、もっと単純な話。
「歌」だから。

賛成派だ、反対派だということを言うつもりはないけど、
何を歌おうが、「人にプラスの感情を与えているべき」だとは思う。

少なくとも、同様の被害にあった人が、
この曲を聞いて不快な気持ちになったのなら、
それは、歌としての役割を逸脱していた、そういうことじゃないかな。

秋元康氏プロデュースのアイドルグループ・欅坂46の楽曲『月曜日の朝、スカートを切られた』に対して「過去に被害に遭った」という人物が抗議の声をあげている。

情報源: 欅坂46『月曜日の朝、スカートを切られた』に抗議の署名活動 ネットでは賛否

http://lyricsportal.info/wp/wp-content/uploads/2017/08/n-KEYAKI-large570.jpghttp://lyricsportal.info/wp/wp-content/uploads/2017/08/n-KEYAKI-large570-150x150.jpgmayumi kon歌詞ニュース欅坂46の新曲「月曜日の朝、スカートを切られた」の歌詞に賛否両論。 「表現の自由」という意見がある一方、このような犯罪が増えることへの懸念の声も多いそう。 『月曜日の朝、スカートを切られた 通学電車の誰かにやられたんだろう どこかの暗闇でストレス溜め込んで 憂さ晴らしか 私は悲鳴なんか上げない』 さて、歌詞にフォーカスをあてて考えてみる。 「スカートを切る、切られる」行為自体をもちろん褒めてもいなければ、助長しているとも言えない。 このような表現をするに至ったのは、ある種の「主張」のためと言えるだろう。 かつてのアイドルとは一線を画し、強い「意志」、「主張」、「社会的」な要素を含んだ表現が欅坂46の良さでもある。 が、しかし。 アイドルが歌う、というところにも懸念事項はあるだろうが、それよりもっと手前の話。 私はこの曲を最初に聞いたとき、胸が「ざわっ」とした。 その「ざわっ」って、どちらかというと悪いイメージの、「ざわっ」。 結局はそこに尽きる。 反社会的なことを歌っていても、やたらとカッコいい曲だってあるし、 逆に、まったく目立たない曲もある。 イイことを言っていても、皮肉や嫌味に聞こえたりする。 悲しいことを歌っている曲だって、暖かく響く時があるし、 辛すぎる内容の歌詞が、辛い人に寄り添って傷を癒すこともある。 要するにそういうこと。 歌詞を細かく分析することより、もっと単純な話。 「歌」だから。 賛成派だ、反対派だということを言うつもりはないけど、 何を歌おうが、「人にプラスの感情を与えているべき」だとは思う。 少なくとも、同様の被害にあった人が、 この曲を聞いて不快な気持ちになったのなら、 それは、歌としての役割を逸脱していた、そういうことじゃないかな。 秋元康氏プロデュースのアイドルグループ・欅坂46の楽曲『月曜日の朝、スカートを切られた』に対して「過去に被害に遭った」という人物が抗議の声をあげている。情報源: 欅坂46『月曜日の朝、スカートを切られた』に抗議の署名活動 ネットでは賛否作詞家の、作詞家による、作詞家のための歌詞ポータル。