はい、ここに書くのちょっと遅くなったなという認識はあるのですが。
セーラームーン旋風が巻き起こってますね☆

完全にセーラームーン世代で、めっちゃ好きだったので、
今年のセーラームーンCrystalもしっかりチェックしているのですが、
とりあえず、ももクロの歌うMoonPrideについて書いておこうと思う☆

ひさびさにブログでJPOP批評!w
ちなみにこれ、先日授業でもちょっとやりました。w

歌詞引用します。
—————————————
MoonPride
作詞作曲編曲/Revo 歌/ももいろクローバーZ

Moon Pride あなたの力になりたい

涙は頬を伝い 瞳は紅く燃える 稲妻のように激しく 誰かが愛を叫ぶ
例えどんな 暗闇でも 一人じゃないよね? 私達を 照らす Moonlight

嗚呼 女の子にも譲れぬ矜持がある
それは 王子様に運命投げず 自らたたかう意志

Shiny Make-up 輝くよ 星空を集めて
ただ護られるだけの か弱い存在じゃないわ ─────だから
Shiny Make-up 戦うよ 星空を纏って
新しい伝説が 今ここから始まる
La La Pretty Guardian SAILOR MOON
—————————————

「王子様に運命投げず自ら戦う意思」
「ただ護られるだけのか弱い存在じゃないわ」って、
メッセージ性が色濃く出てて、
歌い手ももクロのキャラにもとってもぴったり合っていて、
いかにもJPOP!って感じ。
そしてメッセージがいかにも今の時代!って感じ。

けど、いっこだけ突っ込ませていただく。w

実際にはセーラームーンのストーリーって、
なんか知らないけどムーンプリンセスだって言われて、
戦いたくもないのに戦うことになってしまった主人公が、
いつもタキシード仮面に助けてもらってばかり、という感じのストーリー・・・ですよ?w
とくに最初のほう。

自ら戦う意思とかないからw
王子様に護られてるからw(むしろチバマモルにマモられてるからw)

ってことで、セーラームーンよりは、
歌い手であるももクロの方を強く意識して作られたものなんだろうなと。
歌い手:ももクロ、モチーフ:セーラームーン、で、目指せヒット!!
って感じで作られたんだろうなと。

今のセーラームーンを見て、昔の方が良かった、って思う人の違和感って、こういうところにもあるんだろうなと思う。
セーラームーンの主題歌、を期待してる人には、ズレがありそう。
私としては、まあこれはこれでいいんじゃないかとも思うけど。
いろいろ時代を反映してるし、何より分析として非常に面白いw

ものすごくわかりやすくJPOPらしい曲だったので突っ込ませていただきました☆

http://lyricsportal.info/wp/wp-content/uploads/2014/11/salor-1024x768.jpghttp://lyricsportal.info/wp/wp-content/uploads/2014/11/salor-150x150.jpgmayumi kon作詞家・昆のリリックトークはい、ここに書くのちょっと遅くなったなという認識はあるのですが。 セーラームーン旋風が巻き起こってますね☆ 完全にセーラームーン世代で、めっちゃ好きだったので、 今年のセーラームーンCrystalもしっかりチェックしているのですが、 とりあえず、ももクロの歌うMoonPrideについて書いておこうと思う☆ ひさびさにブログでJPOP批評!w ちなみにこれ、先日授業でもちょっとやりました。w 歌詞引用します。 --------------------------------------- MoonPride 作詞作曲編曲/Revo 歌/ももいろクローバーZ Moon Pride あなたの力になりたい 涙は頬を伝い 瞳は紅く燃える 稲妻のように激しく 誰かが愛を叫ぶ 例えどんな 暗闇でも 一人じゃないよね? 私達を 照らす Moonlight 嗚呼 女の子にも譲れぬ矜持がある それは 王子様に運命投げず 自らたたかう意志 Shiny Make-up 輝くよ 星空を集めて ただ護られるだけの か弱い存在じゃないわ ─────だから Shiny Make-up 戦うよ 星空を纏って 新しい伝説が 今ここから始まる La La Pretty Guardian SAILOR MOON --------------------------------------- 「王子様に運命投げず自ら戦う意思」 「ただ護られるだけのか弱い存在じゃないわ」って、 メッセージ性が色濃く出てて、 歌い手ももクロのキャラにもとってもぴったり合っていて、 いかにもJPOP!って感じ。 そしてメッセージがいかにも今の時代!って感じ。 けど、いっこだけ突っ込ませていただく。w 実際にはセーラームーンのストーリーって、 なんか知らないけどムーンプリンセスだって言われて、 戦いたくもないのに戦うことになってしまった主人公が、 いつもタキシード仮面に助けてもらってばかり、という感じのストーリー・・・ですよ?w とくに最初のほう。 自ら戦う意思とかないからw 王子様に護られてるからw(むしろチバマモルにマモられてるからw) ってことで、セーラームーンよりは、 歌い手であるももクロの方を強く意識して作られたものなんだろうなと。 歌い手:ももクロ、モチーフ:セーラームーン、で、目指せヒット!! って感じで作られたんだろうなと。 今のセーラームーンを見て、昔の方が良かった、って思う人の違和感って、こういうところにもあるんだろうなと思う。 セーラームーンの主題歌、を期待してる人には、ズレがありそう。 私としては、まあこれはこれでいいんじゃないかとも思うけど。 いろいろ時代を反映してるし、何より分析として非常に面白いw ものすごくわかりやすくJPOPらしい曲だったので突っ込ませていただきました☆作詞家の、作詞家による、作詞家のための歌詞ポータル。